日記
出雲のみんなぁ元気だぁ?~さちの浜松日記~ 弱すぎだよっ!

プロフィール

さち

Author:さち
30代 専業主婦
生まれも育ちも島根県(田舎)
現在、浜松市在住
家族は、夫 たーくん
      ゲン (小6)
      りり (小3)
      愛犬モモ♀

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱すぎだよっ!

日曜日☆
お昼ご飯は、どこかで外食しよう!と決めた我が家。
そして、ついでに、せっかくだから 
行った事の無いところへ行ってみよう! と
開拓精神むきだし、意気揚々と出かけた我が家!

携帯のグルメなびサイトを駆使し、
カーナビの検索機能を駆使し・・・・・

しかし、何故か行く先々で 本日定休日 だったり、
ちょうど満席で30分以上待ち だったり 汗汗


結局、近所の居酒屋風定食屋さんで食べました えへへ・・・
迷子にならなかっただけ成長したね♪と、自分達を慰めた さちです jumee☆shy2









さてさて、
そうやって新たな食べ物屋さんを目指して
昨日は浜松市内をグルグルしていたのですが、
その途中で、バッティングセンターを見つけたんです やきゅう

・・・っていうか、そこのバッティングセンターは前にも行ったことあったけど
偶然その近くのレストランを目指していたことに気付かず えへへ・・・
やっと見つけた!と思ったけど満席で入れず、
急遽 ちょっとだけ打ちに行くか ピース
ってことになったんです。

・・・・・ホラ、うちには
野球バカ親父(たーくん) と 野球バカ少年(ゲン) が
いますから(笑)

「レストラン探すんじゃないんかいっ!絵文字名を入力してください」 なんて文句は聞きませんから がっくり

なので、たーくんとゲンはいざバッティングセンターへ☆
そして、私とリリは車に留まり頑張ってレストラン検索をしていたのです。




しかし、それから10分くらいたったかな?リリが、
「あれ?ゲンが泣いてる~」 と言っていたかと思うと、
たーくんとゲンが早々に車に戻ってきました。
リリの言うとおり、ゲンが泣いています。

「どーしたのー?またパパにしごかれた?(笑)」
「違うんだよ。なんか飛んできた球が指に当たったらしくて、
 爪が少し割れたみたいなんだよ。」
「どれどれ?」

見てみると、ほんのすこーしだけ
親指の先の爪がかけていて、少しだけ出血もしています。






「なんだぁ。コレだけ?
 大丈夫だよっ☆わっはっは!」




↑ 私って鬼母ですか? えへへ・・・





そもそもゲンは、もともと何でも慎重派で
今までもそんなに大きな怪我ってしたこともなく、
とにかく 弱い もんだから、こんな小さな怪我でも
こんな風に 涙・・・・涙・・・・涙・・・・ なんですよ 羅琉 泣き

たーくんも横で 
「運動してたら怪我くらいつきもんだよっ」 って言っています。
確かに、たーくんは今まで
鎖骨骨折や前歯を折るなどに加え、命の危険にさらされるような
危機一髪的な事故もしたこともあるようで。

そして、私自身は 女の子ですから jumee☆shy2 
そこまでの怪我はしたことは無くとも、
2人の兄のサバイバルな怪我 (有刺鉄線で骨が見えるほど足を切ったとか) を
目の前で見て育ってきた経緯もあり
男の子は怪我をするもの!って思ってきたから、
ゲンのそんな小さな怪我くらいじゃ、
ちっともビビリません えへへ・・・



そうやって、
私とたーくんから笑い飛ばされて、さらに?凹むゲン  ←ダメだこりゃ(汗)

ゲンよ。。。。。






もっと強くなっておくれ 羅琉 泣き  こっちが泣きたいよ





まぁ、親としては
やはり、怪我も無く 病気もせず  が理想と言えば理想。
ゲンはそういう点では、
本当に優秀(?)で、そこまでハラハラさせられることは今まで
本当に無く、寿命が縮まった思いもしたことはありません。

だけど、ゲンの困ったところは 「慎重だけどおっちょこちょい」
今まで大きな怪我をしなかった分、
これから先、とてつもなく大きなことがあるのではないか?
危険回避能力が備わっているのか? が とにかく
心配です 絵文字名を入力してください




ゲンには、もっとサバイバルな経験をたくさん積んで
少々のことでも泣いたりせず、もっと強い男になって欲しいです。
母の切なる願い・・・・・ 手をつなぐ




今年の夏は、
私の実家(超田舎)にでも送り込もうかな~
私の父は、コンバット隊もビックリしそうなほどの
サバイバル親父ですから えへへ・・・ 
ちなみに、電気が無くても暮らしていけると言うほどです・・・
山奥で暮らしてみたいと言っていたこともあり・・・・・(汗)





・・・・・・・・・そこまでゲンに求めちゃいないですけどね えへへ・・・









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。